日綜産業が迅速な営業データ分析実現のため「LaKeel BI」を採用

日綜産業が営業戦略立案における
意思決定の迅速化に向けて「LaKeel BI」を採用

~全社横断の分析基盤を導入し、高度なデータ経営を目指す~

株式会社レジェンド・アプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「レジェンド」)は、日綜産業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小野 大、以下「日綜産業」)より、「LaKeel BI」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

日綜産業は1968年の設立以来、建築、土木、造船、プラントなどの建設用仮設機材の開発、設計、製造、販売、レンタルなど多岐にわたる事業を展開しています。
業界の情勢が、新しい建造物を造っていく時代から、老朽化するものを補修して維持していく「メンテナンス時代」に大きく変わることが予想されます。日綜産業はこの機会を大きなビジネスチャンスと捉え、メンテナンスを主軸とする新たなマーケットに進出していきます。

この大きな転換期を迎えるにあたり、より迅速な経営状況把握や営業戦略立案、意思決定を目指すも、システムがボトルネックとなっていました。従来のデータ抽出システムは基幹システムのデータをExcelにしか出力できず二次加工が必要となるため、経営資料作成に時間を要していました。また、ユーザーライセンス体系のため利用者を増やすたびに追加コストが発生する状態でした。

「LaKeel BI」で社内のデータを一元管理し戦略立案、意思決定の迅速化を目指す

「LaKeel BI」のETL機能を利用し、基幹システムとして利用しているIBM iシリーズや他のシステム、Excel上のデータなど横断的に利用することが可能となります。
それにより業務の効率化やスピーディーで正確性の高い経営資料作成を可能にし、意思決定の迅速化を目指します。

「LaKeel BI」採用にあたって特に決め手となったポイントは以下の4点です。

  • 分析業務に必要な機能が全て内包されたオールインワンパッケージであること
  • 利用者が増加してもコストが一定な「サーバーライセンス型」の料金体系であること
  • ETL機能によりデータベースやExcelなど多様なデータの取込みが可能であること
  • サポートシステムによる基本対応に加えハンズオン研修などの運用定着体制があること

「LaKeel BI」の全社的な活用で高度なデータ経営を目指す

オールインワンパッケージの「LaKeel BI」を導入することで横断的なデータ活用が可能となります。統合データベースの構築を行い全社データ資産の活用・展開を目指します。
また表現力豊かなダッシュボードで事業領域を跨いだ経営データの連動と可視化を実現し、より高度な分析を目指します。

レジェンドでは、今後も「LaKeel BI」の充実したサポートと機能拡張を通して、日綜産業の業務を支えてまいります。


【日綜産業株式会社】

1968年の創業以来、建設業界の足場・仮設機材のパイオニアとしての誇りを持ち、造船・建築・土木分野で大きく成長し、創立50周年を迎えました。現場の声を聞き、それを形にして世の中に出していく、まさにトータルエンジニアリング企業です。何もないところから生み出す、それを可能にしているのが日綜産業の技術力であり、強みです。

商号日綜産業株式会社
設立1968年6月19日
代表者代表取締役社長 小野 大
資本金1,791,340,000円
所在地東京都中央区日本橋蛎殻町1-10-1
事業内容 建築、土木、造船、プラントなどの建設用仮設機材の開発、設計、製造、販売、レンタル
従業員数単体:283名 グループ:466名
企業URLhttps://www.nisso-sangyo.co.jp/

【株式会社レジェンド・アプリケーションズ】

プライムIT ベンダーとして、お客さまに一番近い場所から、さまざまなソリューションを提供。
「クラウドネイティブカンパニー」として、投資効率の高いシステム/サービスによってお客さまのビジネスに貢献していきます。

商号株式会社レジェンド・アプリケーションズ
創立2005年6月
代表者代表取締役社長 久保 努
資本金280,050,000円
所在地東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル15階
事業内容プロフェッショナルサービス事業・プロダクト事業・食品安全推進事業
従業員数単体:407名 連結:466名(2018年4月1日現在)
企業URLhttp://www.legendapl.com/

■本件に関するお問合せ先

株式会社レジェンド・アプリケーションズ
営業本部 マーケティング企画グループ
TEL:03-6441-3859
FAX:03-6441-3865
Email:marketing@legendapl.com

本プレスリリース(PDFファイル)