ダイトロンが製販融合に向け「LaKeel BI」で予算管理・売上分析を効率化

~ 社内データを統合し迅速な経営戦略立案に活かす ~


プロダクトサービス事業・プロフェッショナルサービス事業を手掛ける株式会社レジェンド・アプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「レジェンド」)は、ダイトロン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:前 績行、以下「ダイトロン」)より、「LaKeel BI」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

電子機器及び部品事業、製造装置事業などを手掛けるダイトロンは2017年に3社合併を行い、製販融合企業としての歩みを進めています。全社横断の戦略立案のため、日々データ活用に取組むも、予算管理に利用しているWeb入力システムが、項目変更を容易にできないなど、カスタマイズ性の乏しさが課題となっていました。また売上分析に使っているレポートツールも柔軟性に欠け、二次加工が必要となるなど、これらのシステムがボトルネックとなり、社内データの活用が十分とはいえない状況でした。

「LaKeel BI」で社内データを集約し製販融合でのデータ活用を実現

ダイトロンはこの課題解決に向け「社内データ見える化」の分科会を発足、さまざまなBIツールを比較検討した結果、「LaKeel BI」を採用しました。
「LaKeel BI」のETL機能によりExcelを入力ツールとして利用できるため、項目の修正や追加も柔軟に対応できます。また、社内に分散しているExcelや他のシステムのデータを統合することで、同一レポート上でのデータ可視化が可能になります。さらに部門や製品ごとの収支や売上、原価率など、多様な切り口での分析が容易になり、迅速な意思決定が可能となります。

「LaKeel BI」採用にあたって特に決め手となったポイントは以下の4点です。

  • ETL機能によりExcelや他システムのデータを容易に取り込めること
  • 定型・非定型レポート作成にあたっての自由度が高いこと
  • オールインワンパッケージのため保守サポートがワンストップで受けられること
  • 利用者が増加してもコストが一定な「サーバーライセンス型」の料金体型であること

「LaKeel BI」で将来的には全社員への展開も視野に

経営管理部での利用に留まらず、将来的には社内ポータルに展開し、全社員で活用していく予定です。多くの社員がデータを意識した活動を行うことで、製販融合企業としてグループ総合力強化を目指します。

レジェンドでは、今後も「LaKeel BI」の充実したサポートと機能拡張を通して、ダイトロンの業務を支えてまいります。

【ダイトロン株式会社】

1952年の創業以来、「技術商社」として電機・電子産業を通じて広く社会へ豊かな暮らしを提供することを当社グループの使命として取組んでまいりました。グループステートメントとしてCreator for the NEXTを掲げ「エレクトロニクス業界を担う企業として、グループのネットワークを活かし新しい価値を創造し、提供する」という決意のもと「製販融合」の新たな文化を築き上げ、さらなる“団結”のパワーを増幅させていきます。

商号 ダイトロン株式会社
創業 1952年6月24日
代表者 代表取締役社長 前 績行
資本金 2,200,708,560円
所在地 大阪府大阪市淀川区宮原4-6-11
事業内容 電子部品&アセンブリ商品、半導体、エンベデッドシステム、電源機器、画像関連機器・部品、情報システム、半導体・FPD製造装置、電子部品製造装置等の製造・販売、上記製品の輸出入業務
従業員数 763名
企業URL http://www.daitron.co.jp/

株式会社レジェンド・アプリケーションズ

「デジタルネイティブカンパニー」として、投資効率の高い製品/サービスによってお客さまのビジネスに貢献してまいります。

商号 株式会社レジェンド・アプリケーションズ
創立 2005年6月
代表者 代表取締役社長 久保 努
資本金 301,865,000円
所在地 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル15階
事業内容 プロダクトサービス事業・プロフェッショナルサービス事業
従業員数 単体:407名 連結:466名(2018年4月1日現在)
企業URL https://www.legendapl.com/

お問い合わせはこちら

本プレスリリース(PDFファイル)

Legend Applications Recruit私たちは、"問題解決能力"が高く
"突破力"のある人材を募集しています。

採用情報を見る